知っておきたい!むち打ち症につて

こんにちは!松戸市みのり台・八柱にある夢の整骨院整体院グループです! 今回は、交通事故後の症状で出やすいむち打ちについてお話させていただきます! むち打ち症は、交通事故などで不自然な負荷がかかる事と首から背骨にかけての一種の神経症状だとされています。

なぜ交通事故際にむち打ちが多いのかと言うと

むち打ちの特徴として事故当日、首を痛めても次に日に症状があらわれる事が多くみられます。

主な症状として、吐き気・めまい・しびれ・目のかすみ・冷え・頭痛などがあげられます。

分類と症状が三つに分けられます!

〇頸椎・捻挫型

頸椎の筋肉や靭帯、柔部組織の損傷で最もおおく見られるむち打ちの症全体の70%から80%を占めています。

手首のしびれやだるさ等の自覚症状がでます。首の動きが制限される事もあります。

〇神経根症状型

頚椎の中には、脊髄という神経と神経根(神経根)とういものが通っています。頭蓋骨の中にある脳から脊髄が下りてきて頚椎の中にはいり、神経根を介を手に神経が出ていきます。

特徴として手痛み、頚くびから肩、腕、指先にかけてのしびれや痛みなどがあります。

〇バレ・リュー症状型

「後部交感神経症候群」とも呼ばれます。自立神経が正常に機能しなくなることで、頭痛・めまい・耳鳴り・発熱・動機・吐き気などの症状があらわれると考えられます。

少しでも異変を感じたらお気軽に当院までご相談ください。

交通事故の治療はもちろん患者様に安心して通院していただけるように精神的なケアと最大限のフォローをさせていただきます。

交通事故・むちうちについて詳しくはこちら

交通事故・むちうち

交通事故・むちうちに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夢の整骨院

〒270-2241千葉県松戸市松戸新田575‐25‐1F