姿勢が気になりませんか?肩こりになる姿勢

こんにちは!!夢の整骨院・整体院グループです。

日常生活でどのような姿勢が肩こりにつながるかを今日はお話ししたいと思います。

デスクワーク、ご自宅でもPCを使うという方はいますよね?

もし、姿勢が悪いままでPCを操作していると、肩や首に負担がとてもかかります。その結果、いつまでたっても肩こりが治りません。では、肩や首に負担がかからない正しい姿勢とはどのような形でしょうか?

実は、多くの肩こりで悩んでいる人は、顎が突き出したまま肩に力が入り、首の後ろが縮み、歯を食いしばり、同じ画面を見続けている人が多いのです。その結果、首や肩に負担がかかり、肩こりとなってしまうのです。

少しでも体の負担を減らすには、椅子に深く腰掛け、キーボードやマウスを体の近くにおいて、お腹の下の部分の丹田と呼ばれるところに力を入れて、頭が糸で引っ張られるような姿勢が理想的です。また、二の腕とひじから下がの角度が90度以上になるようにしていくことも大事です。

他にも、猫背の人も肩こりが多いです。猫背も首に負担がかかる事によって慢性的な肩こりとなってしまうのです。また、ショルダーバッグ、冷房などが原因と言われています。

なぜ、肩こりになってしまうかというと、頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉の常に緊張していることによって筋肉が硬くなり、酸素や栄養が先の方まで行かずに、疲労物質と呼ばれるものが蓄積してその刺激によって肩こりがおこります。

夢の整骨院・整体院グループでは、「肩こりがひどくて」という方に、まず骨格を調整して体のバランスを整えるため、肩や首の施術だけでなく、骨盤や足首の位置も見ながら全身を調整していきます。体のバランスが悪いと肩こりに限らず、いろいろな体の症状が出ることがあります。ですので、一度、夢の整骨院・整体院グループにご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夢の整骨院

〒270-2241千葉県松戸市松戸新田575‐25‐1F