寝ながらできる腰痛ストレッチ 松戸市夢の整骨院・整体院

こんにちは。松戸市にあります夢の整体院・整体院です。

みのり台駅、八柱駅の近くにあります夢の整骨院・整体院には、腰痛でお悩みの患者さまも多数来院しております。

今回は寝ながらできる腰痛ストレッチについてお伝えします。

 

寝ながらできる腰痛ストレッチ

 

脚上げ体操初級

1.仰向けの状態のまま寝転ぶ

2.顔は天井の位置を向き、顎を軽く引く

3.両膝を立てて、そのまま両膝にタオルをかける

4.そのままタオルを右足のつま先に引っかける

5.膝をゆっくりと伸ばし、その後に手の力で足を伸ばす

6.5の時の状態をキープし、その状態で深呼吸する

7.足をゆっくりと下す

8.左側も同様の流れで行う

左右1回×3セット、深呼吸の目安は6回

足を伸ばすのが大変な人は大きめのタオルでできるところまで行う

ポイント

・上げている方の足は、天井に向けるように上げる。

・下げている方の足は、膝をしっかり伸ばす。

・できるだけ、足が垂直に上がるようにする。

・身体がほぐれるように、全身の力を抜いた状態で行う

※背中が床から離れないようにする。状態が沿ってしまうと、ストレッチ効果が半減してしまうのはもちろん、腰痛の原因にもなる可能性があります。

膝は曲がってしまっても良いので、足先が足の付け根の真上に来るように上げていきましょう。これだけを意識するだけで、腰のインナーマッスルなどをよくほぐすことができます。

 

膝抱え体操

1.仰向けの状態で寝転ぶ

2.顔は真っ直ぐ、天井の方向を見る

3.背中を起こさず、右膝を右手で抱え、左側も同様に行う

4.そのまま両手の指を組んだ状態で、両膝をお腹に引寄せる

5.4の時の状態をそのままキープし、ゆっくりと深く深呼吸する

6.膝を立てたまま、仰向けの状態に戻す

1日3セット、深呼吸の目安は6回。

ポイント

・背中が床から離れないようにする。

・ゆっくりと太ももを胸に引き寄せる。

・首が浮いてしまわないように、顎をしっかりと引いた状態で行う。

・身体が硬い場合は、無理のなくできる位置に引き寄せる。

※背中が浮いてしまうと、ストレッチの効果が半減してしまいます。

身体の硬い人は太ももを引き寄せる力をゆるめ、状態をキープする時間を短くします。

お風呂上りや寝る前など、体がやわらかくリラックスした状態で行いましょう。

 

寝ながらできるストレッチを2つご紹介させて頂きました。

ストレッチをするときは、

①呼吸を止めない

②反動をつけない

③無理をしない

④ストレッチしている筋を意識する

この4点に注意して行ってください。

もし、腰に痛みがある場合は、むやみにストレッチを行わず、腰痛治療を専門とした内科や整形外科の病院で診てもらうことをオススメします。

日常生活にストレッチを積極的に取り入れ、腰痛を予防していきましょう。

 

松戸市にあります夢の整骨院・整体院では、指圧をストレッチに変更することができます。また、症状に合わせたご自宅でできるセルフストレッチを提案させて頂いておりますので、お気軽に夢の整骨院・整体院スタッフにご相談ください。

 

腰痛でお悩みの方はこちら

松戸市にあります夢の整骨院・整体院公式サイトはこちら

NHK腰痛サイト

夢の整骨院

〒270-2253八柱院:〒270-2253 千葉県松戸市日暮2-5-11-1F/みのり台院:千葉県松戸市松戸新田575‐25‐1 代表施術者:後藤崇(柔道整復師・鍼灸師)