足底筋膜炎

足底筋膜炎のついて

こんにちは、千葉県松戸市の夢の整骨院グループです。

本日は、「足底筋膜炎」についてです。

まず、「足底筋膜炎」とは、

足のアーチ構造を支える足底腱膜が炎症を起こし、小さな断裂を繰り返している状態です。かかとや足底が地面に着地した際に、足底腱膜が伸ばされて痛みを感じます。

足底腱膜炎が起こると、

「朝起きてからの最初の一歩が激しく痛む」

「急に歩きだすと痛む」といった症状がみられるようになります。慢性化すると、かかとの骨に骨棘(こつきょく)と呼ばれるトゲのような突起ができて、さらに痛みが増すことがあります。

原因は、ランニングやジャンプ動作などで、荷重による衝撃(圧迫力)と強く引っ張られる力(牽引力)の両方が繰り返されると、足底腱膜に大きな負荷が集中して、小さな断裂や炎症が起こりやすくなります。

足底腱膜炎を誘発する要因としては、スポーツによるオーバーユース(使いすぎ)をはじめ、長時間の歩行や立ち仕事、不適切なシューズの使用、硬い路面でのトレーニング、足の筋力不足や柔軟性の低下、足の形の変形(扁平足や外反母趾)などが挙げられます。

とくに外反母趾(がいはんぼし)は、足底腱膜炎と同じく、足のアーチ構造の崩れによって生じます。縦アーチが崩れる足底腱膜炎に対して、外反母趾では横アーチが崩れてしまっている状態です。外反母趾で横アーチを保持できなくなると、だんだん縦アーチも低下して足底腱膜炎を併発する場合があります。

 

足底筋膜炎になりやすい人

  • 陸上競技やサッカー、バレーボール、バスケットボールなど、ランニングやジャンプなどの踏み込む動作が多いスポーツをしている人
  • 硬いグラウンドやアスファルトの上で練習をしている人
  • 長時間の立ち仕事をしている人
  • ふくらはぎの筋肉やアキレス腱の柔軟性が低下している人・足の筋力が落ちている人
  • 扁平足(足底のアーチがない)もしくは土踏まずが高すぎる(ハイアーチ)の人
  • 体重が増えた人、肥満の人
  • クッション性の低い靴を使っている人
  • 朝起きて足を床についた時にかかとが痛い
  • 足の裏を押すと痛みや突っ張り感がある
  • ランニングやジャンプをすると痛みがある
  • 最近偏平足もしくは足の甲が高くなってきた感じがする
  • ストレッチをしても足のだるさや痛みが取れない

                など

当てはまる方がいらしゃいましたら、当院にご相談下さい。

足底筋膜炎の治療としましては、

一般的には、テーピング、ストレッチなどで改善される患者様が多いのですが、

夢の整骨院グループでは、

「オーバープロネーション(過剰回内)」の改善(正しい足の使い方に変え)、更にその使い方に合った骨格に整える為に姿勢矯正が必要と考えております。

どのくらいかかるのか?

因みに、

個人差がありますが、

親指が隣にかからない患者様で

3ヶ月で痛みを軽減して、

6ヶ月で安定している患者様が多いです。

まずは、外反母趾でお悩みの方はこちら

是非、一度千葉県松戸市の夢の整骨院グループにご相談下さい。

スタッフ一度、心よりお待ち致しております。

 

千葉県松戸市の夢の整骨院・整体院グループTOPはこちら

夢の整骨院

〒270-2253八柱院:〒270-2253 千葉県松戸市日暮2-5-11-1F/みのり台院:千葉県松戸市松戸新田575‐25‐1 代表施術者:後藤崇(柔道整復師・鍼灸師)