整体と鍼(はり)の違い

整体と鍼(はり)の違い 

 

こんにちは!観ていただいてありがとうございます。 

 

夢の整骨院みのり台院(鍼灸院整体院併設) 後藤 崇です。 

 

最近多い質問として 

 

整体、鍼灸院、整骨院、接骨院、整形外科、リラクゼーションの違いがよくわからないとの質問が多かったので、わたしなりの見解を解説いたします。 

 

 

今回はテーマにある整体と鍼の効果効能の違いから説明いたします。 

 

一言で言うと 

 

整体は外的要因を整える 

 

鍼は内的要因を整える 

 

です。 

 

詳しく解説していきます。 

 

 

整体とは 

 

その名のとおり体を整えることです。 

 

いろいろな整体法はあるのですが、 

 

当院ではスッキリしたな!でおわってほしくなく、姿勢分析機を用いて首ー肩峰(けんぽう)、上前腸骨棘ー後上前腸骨棘を結ぶ角度が正常値にあるかどうかの検査をしてから、お体を整えさせていております。 

 

 耳と肩峰の角度 理想0度 

 

上前腸骨棘ー後上前腸骨棘 理想10度 

 

1度ズレるごとに1キロの負担がかかると考えております。 

 

平均すると20〜30キロずれて不調を訴えてくる方がおおいです。 

 

 

当院では地域口コミNo,1の『骨盤矯正』で誰でもわかりやすく実感できる骨盤整体です。 

 

 骨盤や下半身が家でいう土台になりますので、当院ではまずは下半身から整体して整えていきます。 

 

体の不調、体の歪みズレが気になる方はぜひ体感しにきてみてください。 

 

 

鍼について 

 

鍼は体の中の組織(筋肉、関節、神経など)のとおりみちをよくするものだと考えております。 

 

まず脈診で正常な脈拍をしているか 

 

腹診(お腹のツボ)を押して痛みが出るところはあるかどうか。 

 

で施術ポイント(鍼を打つ箇所)を決めております。 

 

 

現代社会は情報量に溢れていて、神経疲労がとくに加速して悪化しているとおもいます。 

 

鍼灸施術のニーズも高まり、資格者も年々増加傾向です。 

 

 

昔の人は草むらに入り、すり傷をおこし、そこから鍼灸施術は由来されております。 

 

 整体、指圧と違い、体内の組織の絡まっている、滞っている部分をわざと傷つけることによって、刺激し、自然治癒力を高める療法です。 

 

頭痛、顎関節痛、目が疲れる、生理痛、アレルギー症状、動悸息切れ、足がむくむ、足がつる、喘息、めまい、貧血気味、風邪をよくひく、 

 

体がだるい、食後胃腸に不調を感じる、天気が悪いと調子が悪い、落ち込みやすい、すぐ横になりたがるなど 

 

整体、お薬、リラクゼーションで回復されない方も多いとおもいますので、ぜひ症状が変わらない方は当院の鍼灸施術を受けられることをおすすめいたします

 

夢の整骨院TOPページはこちら

整体についての詳細はこちら

鍼についての詳細はこちら

 

 

夢の整骨院

〒270-2253八柱院:〒270-2253 千葉県松戸市日暮2-5-11 グリーンプラザ第2ビル1F/みのり台院:千葉県松戸市松戸新田575‐25‐1 みのり台オオイビル1F 代表施術者:後藤崇(柔道整復師・鍼灸師)