骨盤矯正・産後の骨盤矯正の違い

こんにちは!!

松戸市みのり台・八柱にある夢の整骨院・整体院グループです。

皆さんは、産後の骨盤矯正(産後矯正)と普段の骨盤矯正の違いをご存知ですか??

普段の骨盤矯正は日常の姿勢はもちろん、運動不足やストレス・体の癖などから骨盤が歪んでしまい、その骨盤を本来あるべき場所に戻す矯正となります。

骨盤というのは背骨から上半身・太ももから下半身に直接つながっています。骨盤の歪みは、さまざまな形で悪影響があります。簡単にいうと、姿勢の悪さ・肩こり・腰痛・むくみ・新陳代謝の低下などといったことが骨盤の歪みから来ていることもあるといえます

 

産後の骨盤矯正というのは、妊娠によって開いてしまった骨盤を元の位置に正していく矯正です。

妊娠中というのは妊娠5ヶ月・6ヵ月くらいになると子宮が骨盤から大きくせり出してきて骨盤の内部の圧力が高くなり、骨盤の上の部分が徐々に開いていきます。そのあとに陣痛が始まると、胎盤の靭帯がゆるみ、骨盤の下の部分が大きく広がり、赤ちゃんが生まれてきやすいようにします。しかし、この現象は普通分娩の時の動きになります。ですので、帝王切開で出産になった場合は、骨盤の上の方だけが広がってしまいます。

でも、産後の骨盤矯正をおこなわないと自然と戻るものだと思いませんか??

しかし、多くの人は骨盤が広がりきってしまっていたり、骨盤をもとに戻す為の筋力がなかったり、妊娠前からの歪みが原因で本来の位置に戻せない人がほとんどです。

通常の状態の時に骨盤は、引き締まった逆三角形をしています。出産の準備に入ると骨盤とそして、周りの恥骨は赤ちゃんが産道を通りやすいように、下の部分が広がってちょうど四角形のようになり、出産後には本来の位置へ戻そうと身体が働きかけるのですが、先述の通り元に戻せない人がほとんどです。

しかし、骨盤が広がったままだと、上にあった内臓が垂れてしまい落ちてきてしまいます。下がってきた内臓は本来の機能が上手く働かず、結果として新陳代謝が落ちてしまい太りやすい身体になってしまうというわけです。

 

夢の整骨院・整体院グループでは、産後の骨盤矯正・骨盤矯正をおこなっております。もし、肩こりや姿勢の悪さが気になる方は、一度ご相談ください。

また、お子様連れの方も歓迎いたします。女性スタッフや子育て経験のあるスタッフもいますので、子供は一緒に連れていけないと思わず、ぜひご来院ください

夢の整骨院

〒270-2253八柱院:〒270-2253 千葉県松戸市日暮2-5-11-1F/みのり台院:千葉県松戸市松戸新田575‐25‐1F